台東くん
ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
東京都無形文化財指定
源流 江戸の祭囃子の由緒と沿革

江戸時代、江戸の町は元旦には、未明より神田明神の神楽殿で演奏されるお囃子の響きで年の初めを伝え祝いました。

その響きは大江戸八百八町に届き、人々の心に深く浸透していたのです。

時代の流れは、お囃子の名人と呼ばれた人々を分散し、いつの日かその響きは途絶えてしまいました。

後年、某旗本の次男が享保の始め頃、葛西領金町村(現在の葛飾区金町)鎮守、香取明神、現在の葛西神社の神主に治まり「能勢環」と名乗り、敬神の和歌に合わせて音律を工夫し、これを当時乱れていた村内の若者に教えたのが起源と云われています。

いつしか祭礼はもちろん、常時も生業の余暇に青年たちの健全な育成、娯楽として喜んで迎えられたもので、それが永く伝えられてきたものと云われています。

当時の代官で、「伊奈半左衛門」は、江戸界隈の荒れた青年たちの問題で頭を痛めていましたがこの和歌囃子の流行を利用し、青年たちの不良化防止の一策として大いに奨励した結果、急激に各地に普及し、関東一円では葛西囃子として、時代を越えて現在でも、東京を中心として関東地方で広く祭礼囃子として行われてきました。

永い時代の間に種々多様な流儀もできて神賑のためにいろいろな工夫がされて、馬鹿面踊りや寿獅子舞、大黒舞なども付随されるようになり各所で演奏され、江戸のまつりを彩っています。


囃子の楽器と人数


大太鼓  別名 大胴  一基

締太鼓  別名 しらべ 二基

笛     別名 とんび 一本

鉦     別名 よすけ 一個

囃子の内容

第一段 前屋台
第二段 昇殿
第三段 鎌倉
第四段 仕丁舞
第五段 後屋台(上がり屋台)

投げ遣り 神輿の巡行を迎える時に演奏する極めて賑やかな曲です。

仁羽 馬鹿面踊りに合わせる曲です。



 
雷門一之宮商店会

生活雑貨アイソ 癒しの匠 和菓子舟和 光寿司 GNセキュリティー 雷門療法院 DPE若林商会 居酒屋長屋門 うどんそば丸屋 香と念珠念珠堂 雷門クリニック 
クローバーカフェ もんじゃ満月 中華東秀 ドトールコーヒー 黒豚しゃぶしゃぶ四万六千日 GLA コインロッカー

〒111-0034 東京都台東区雷門2丁目18〜19番地
Copyright(c)2010Kaminarimon-Ichinomiya-Syoutenkai All rights reserved.

inserted by FC2 system